none

気圧を少し下げてもとに戻すことを繰り返します。

数分で体温が上がってきます。

川上進盟先生のお話会

none

進盟ルームの開発者川上進盟先生はたびたび進盟ルーム吉祥寺店で、講演会をしております。その講演内容をご紹介しております。

» 詳しく見る

進盟ルームの原理

none

進盟ルームに入るとすぐに体温が上がります。なぜ体温が上がるのか。今のところこのように考えられるということをご説明します。

» 詳しく見る

進盟ルームによる自律神経の変化

none

進盟ルームに入るとどのように心身に変化が現れるのか、測定器を利用したデータが公表されました。10分間の入室前後の数値です。

» 詳しく見る

構造の安全性

none

進盟ルームは鋼鉄製で十分な硬度があります。上から物が落ちてきても安全は確保されています。ドアはパッキンで圧着しています。

» 詳しく見る

じっとしているだけで自分の体が発熱して体温が上がる進盟ルーム

進盟ルーム吉祥寺は、吉祥寺駅公園口を出て歩いて5分。井の頭公園近くにあります。

体温が低いのがお悩みの方、一度進盟ルーム吉祥寺にお越しになりませんか?きっとルームに入って数分で体温が上がってくるのを感じていただけると思います。温泉、岩盤浴など体を温める方法はいくつもありますが、たいていの場合、自分の体温よりも温度が高いものから熱をもらう方法です。

しかし、このルームに入っていただくと、お客さまの体が自分の力で体温を上げ始めるのです。お客さまはただ座っているだけです。

気圧を変化させると体温が上がる

お客さまの体に刺激を与えているのは、気圧の変化です。ルーム内では、常に気圧を変化させています。気圧は、標高でたとえられます。平地では1気圧。標高の高い山の頂上では平地よりも気圧が低く、空気が薄いといわれます。

進盟ルームでは、平地とハイキングで行くような山の頂上を行ったり来たりするように気圧を変化させています。そのスピードは時速約30キロ。鳥になって空を上下に飛んでいるような状態です。山の高さは、観光地として知られる高原の高さと同じくらいです。

気圧が変化すると体はそれに適応しようとします。山の頂上まで気圧が下がると、空気が少し薄くなります。普段より入ってくる酸素が減ってくるので、体はなんとか酸素をたくさん取り入れようとします。その状態で、今度は高いところから平地に戻ってきます。すると空気が濃くなってくるので普段よりも酸素がたくさん入ってくることになります。体に酸素が欠乏しそうだよと教えて、それに適応しようとする働きを利用して余分に酸素を取り込ませる仕組みです。

すると体温が上がります。体温が上がる理由は、余分に酸素が入ってきたので、糖を普段よりも余分に燃やしてエネルギーと一緒に熱が出るからだと考えています。進盟ルームでは、熱よりもエネルギーが重要だと考えています。なぜ?の答えはまだ仮説なのですが、発熱して体温が上がることは、ほぼ全員の方にご体験いただける現象です。

気圧を常に変化させるのは進盟ルームだけ

体温の上昇は気圧を常に変化させていないと起こりません。気圧を一定にすると体もそれに合わせて適応するのをやめてしまいます。進盟ルームの気圧を常に変化させる制御方法は、特許取得済みです。進盟ルームは、特別な目的のために入る低圧室や高圧室とは別のものです。

体温が低くてお悩みの方は一度ご体験を

低体温でお悩みのお客さまは多いようです。しかし、進盟ルームに入って自力で体温が上がる経験をすると、自分の体に備わっている力を改めて確認することができ、気分的にも元気になっていただけるのではないかと思います。是非、一度進盟ルーム吉祥寺でご体験下さい。

進盟ルームで細胞の力を甦らせよう!

進盟ルームでは、お客さまに、50分間ルームの中に入っていただきます。ドアを閉めると50分間気圧が変化します。初めての方はどうぞ進盟ルームのご案内をご覧下さい。

ルーム内では、数分で体温が上がって来ます。体温が上がるのは、細胞が普段よりエネルギーをつくっている一つの証拠ではないかと考えています。詳しくは、進盟ルームの原理をお読み下さい。進盟ルームで体温が上がるのは一つの反応で、一番大切なのは、細胞がたくさんエネルギーをつくることだと考えています。

こんなからだの不調はありませんか?細胞力低下のサインをチェックをしてみて下さい。

none

none

一つ一つの細胞がたくさんエネルギーをつくることができれば、細胞は自分の不調を自分で回復することができる。進盟ルームに入って、お客さまに細胞から元気になっていただきたいと思っています。

進盟ルームには、若い方でもお年寄りの方でも、ご病気がちの方でもスポーツの前後に疲労回復を目的とした方でもどなたでもお入りいただけます。

特におすすめしたいのは、お年寄りの方です。あちこち体に痛みが出てくると、ついつい動くのが億劫になってきます。動かないでいると、元気がなくなり、食事もおいしく食べられなくなり、出歩く元気もなくなってしまいます。

進盟ルームに入っていただくと、すぐにお腹がすいてくるようになると思います。食事がおいしく食べられるようになります。体に元気が戻れば出歩いたり痛みを克服する気力が出て来ますよ。

初めてご来店のお客さまにはどなたでも、ワンコイン体験(初回来店時¥500/回)していただいています。

進盟ルーム内では体を動かしたりする必要はありません。音楽を聴いたり読書をしたり、もちろんお昼寝をしてもよいのです。また無料 WiFiも使えます。

進盟ルーム吉祥寺の待合室では定期的にヨガ教室も行っております。その他イベントもございます。詳しくはスタッフブログでお知らせしています。

酸素カプセルをお使いの方、ぜひ比べてご感想をお聞かせ下さい

酸素カプセルは人気があります。特に激しい競技スポーツをやっていらっしゃる方にとっては疲労回復にかなり役に立つそうです。

酸素カプセルは、カプセルの中に1.3気圧くらいに加圧された空気を送り込みます。加圧されていますから1気圧の空気と比べると同じ体積中にある酸素の量が増えています。酸素カプセルの中で普通に呼吸すると、体の中に入ってくる酸素の絶対量が増えているので、普段よりも酸素をたくさん吸えるという仕組みです。

空気を濃くするか最初に薄くするか

酸素カプセルは加圧し、進盟ルームは少し減圧して復圧することを繰り返します。普段よりも余分に酸素を吸うことは同じなのですが、その方法が最初から濃い空気を吸うのか、最初は薄い空気を吸って体に酸素を取り込む準備をさせて酸素を自分で積極的に吸うのかという考え方の違いがあります。

普段、酸素カプセルにお入りになっている方が進盟ルームに入ると、どんなことをお感じになるのでしょう。とても興味があります。

以前、ご来店されたアスリートは、トレーニング後回復のために酸素カプセルに入ると、酸素が体に回っていく感じがするとおっしゃっていました。また、あるトレーナーの方には、進盟ルームに入るとすぐに体温が上がるということを評価していただいたことがあります。ウオーミングアップの時に体温を少し上げる必要があるのだそうですが、それがむずかしいところだとか。

ただ、酸素カプセルは一人用でプライバシーが保てます。酸素カプセルに入り慣れているお客さまには、他の人と一緒に入るということに抵抗があるのではないかとお二人ともおっしゃっていました。

一人用の進盟ルームも発売されました

以前は、当店に設置されているような大型の進盟ルームに入っていただくしかなかったのですが、昨年から家庭に置ける一人用の進盟ルームも発売されました。当店ではご希望のお客さまにご紹介することもできます。

初めてご来店のお客さまにはどなたでも、ワンコイン体験(初回来店時¥500/回)していただいています。是非、進盟ルーム吉祥寺でご体験下さい。

進盟吉祥寺スタッフブログ最新記事

Amebaスタッフブログでは読んで頂いた方が元気になるような情報をお届けいたします。
・お店の最新情報やイベント
・お客様の声
・細胞の力の素晴らしさ
・健康・美容・スポーツに関すること
などを紹介していきま~す♪

記事をクリックしていただければブログを読んでいただけます。

RSS Feed Widget

    

▲TOP